コミュニケーションの在り方

会話は必ず必要なものです

若者のコミュニケーション力

コミュニケーション力が取り沙汰され、すでに久しい世の中です。コミュニケーション力は社会生活を営む上では必須の能力とされ、就職活動などでは何よりも重宝される能力といえます。携帯電話などのさまざまなツールが発達するとともに、若者のコミュニケーション能力は低下の一途をたどっていると考えられているのですす。しかし、こうした携帯端末などの発達により、かえってコミュニケーションが活発になっているという事例もあることを忘れてはなりません。いつでも気軽に親しい間柄の知人や友人と連絡が取りあえるということは、コミュニケーション能力の養成に貢献する面がまったくないとは言えないでしょう。顔を合わせないという多分に非対面的なコミュニケーション態様ではあるものの、親しい人との間でのコミュニケーションは一昔前と比べると、むしろ活発になっていると考えるのが妥当です。一方、社会生活を営む上では、面識のない人ともコミュニケーションをはかっていかなければなりません。そういった側面での若者のコミュニケーション力は、確かに減退していると言えるでしょう。というのも、非対面的コミュニケーションに慣れてしまっている現代の若者にとっては、逆に対面的なコミュニケーションには馴れにくいものとなります。そのため、しばしば上司や取引先のお偉方とのコミュニケーションに、プレッシャーを感じてしまうという若者も見受けられるのです。こういったコミュニケーション不足が、若者の離職を促す要因となっているということも考えなければいけない問題でしょう。

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>